当院では災害時の停電に備えた発電装置である、コージェネレーションシステムを導入しております。

コージェネレーションシステムとは・・・
停電時でも都市ガス(供給信頼性の高い中圧導管によるガス供給)によって発電をし、必要電力を供給するシステムです。
たとえば、照明・コンセント、通信設備、冷暖房やエレベーターの利用などが可能です。これによって、災害時停電においても必要な医療を提供し、電気の復旧まで必要電源を確保することができます。

◇非常食・飲料水の確保
 災害時の食料を確保するため、350名程度の食事を7日分常備しています。通常食だけでなく、粥食、超きざみ食、流動食なども常備していますので、通常食を食べることが困難な患者様にも対応することが出来ます。また、飲料水(長期保存用)も常備しております。