ゆたかな自然に囲まれた

  やすらぎと癒しの空間

 当院では統合失調症、老人性認知症疾患はもちろん、ストレスからくる様々な疾患やうつ病などの診断治療を行っています。
また、患者様のニーズや症状に合わせて作業療法や理学療法、デイナイトケアなどのリハビリテーションや訪問看護を積極的に組み入れて最適な治療が提供できるよう努めています。

★外来診察表★
月曜日~金曜日 9:30~12:30(診察受付は8:50~)

赤文字は女性医師による診察です。

※ 当院は予約優先制となっておりますので、初めて受診される方は、事前にご連絡ください。受診の際は、必ず保険証をお持ちのうえ、お越しください。
お問い合わせ番号
072-483-5521
※ ご来院されましたら受付窓口へお越しください。


●外来診療費につきましては、障害者自立支援法による公費負担制度がありますので、詳しくは受付窓口におたずねください。

精神科・神経科・内科

以下のような状態だと感じた方が対象です。下のような症状があっても必ずしも病気だとは言えない方もいらっしゃいます。診察結果をみて治療するのかそのまま様子をみるだけで良いのかは精神科の専門医が判断します。気になる症状があるのでしたらとりあえず受診してみてはいかがでしょう?

1. イライラ、不安、眠れない、ゆううつ、物忘れがひどいなど、どれかの症状があると感じることがある。

2. 内科で調べてもらってもどこも悪くないのに疲れやすかったり、頭痛がしたりする。
3. 仕事が長続きしない、行動がまとまらない、乱暴になることがあると感じる。

 以上のようなことでお困りの方など、お気軽にお越しください。

心理師によるカウンセリング

 心理師による心理検査、カウンセリングを実施しています。
病棟では集団治療(回想法、コラージュなど)を行っています。
≪心理検査≫
 診断の補助や、ご自身の理解を深めてもらうために実施します。患者様の状態やパーソナリティ、対人関係の特徴、行動パターンなどの把握を目的としています。種々の検査を揃えており、目的に沿った組み合わせて考えて行います。

≪カウンセリング≫
 患者様が日常生活において感じておられる困難や生きにくさなどに寄り添いながら、精神的な負担の軽減をお手伝いします。

※心理検査やカウンセリングは、主治医が必要であると判断した場合に実施しています。

地域移行支援課

≪医療福祉相談≫ 
 地域移行支援課では、精神福祉士を配置し、医療に関する相談や、各種保険制度の情報提供を行っています。
病気になると、ご本人様はもちろんご家族様の生活にも様々な影響が生じます。そのような場合はお話を伺い、安心して療養できるように一緒に考えていきます。
例えば・・・
 ・療養生活を送る上でのさまざまな悩み
 ・社会保険制度の情報提供や手続き(高額療養費、食事療養費の減額・障害年
  金・介護保険など)
 ・退院に向けてのご相談(通院制度や福祉事業所の案内・社会復帰施設などの
  入所施設の紹介・地域生活支援計画の作成など)

 お困りの事やご心配事など、精神福祉士(ケースワーカー)までお気軽にご連絡ください。

薬局

 全自動分包機を2台使用して入院及び外来調剤を行っています。
向精神薬を主体とし一包化に対応しながら、患者様のニーズに応えられる調剤を目指しています。

栄養課

放射線課

検査課